嵐大好きまりのきまぐれうだうだうだ日記。

I STILL LOVE WITH YOU !
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019


今年も行ってきました、ROCK IN JAPAN FESTIVAL!!
今年は大きなトラブルもなく(友人寝坊しなかった笑)スムーズに出発ができたことがまず◎!
交通事情も休憩も、時間通りだとこんなにスムーズなの??と感動したくらいでございます。
到着してバス降りたらレッドブルの無料引換券を配っていて。
早起きって素晴らしい!ロッキン最高!(まだ始まってない)ってなってました。



朝から飲むレッドブルカクテル(しかも無料!)最高です〜〜!!

ロッキンも2回目となると、どこに何があるのか、ステージはどこなのかということがわかってきたので、すぐに観たいステージへ移動。
今回面白かったのが、友だちと2人で来ているのに、観たいアーティストがほとんど被らず。おひるごはんとラストのセカオワ意外別行動だったというきっと通常ではあまり考えられない動きをしていました。笑 せっかくのロッキン、観たいものを観たい!という気持ちが勝った結果です。笑
自由に動かせてくれたことに感謝!


まず向かったのはグラスステージ。一番大きくて入口から一番遠いステージ。
辿り着くまでに滝汗です。朝からこんなんで1日大丈夫かしらと思うほど。
一発目の前にロッキンの主催者さんのご挨拶があり。
なんと20年前からずっと携わってきた唯一の方とのこと。
20年やってきた重みと感謝の想いが沢山詰まってました。

さて!一発目はゆず!
いつか観てみたいと思っていたゆずのライブが観れるなんて〜?
どの曲からスタートするのかななんて思っていたらなんとびっくり、ラジオ体操が流れてくるではありませんか!笑
芝生いっぱいお客さんいっぱいのグラスステージに笑いが起こった瞬間。
1人だったけれどがっつりラジオ体操しましたよ〜!朝イチは気持ち良いですね◎
ラジオ体操からの笑顔いっぱいの2人の登場にはテンション上がったなぁ。

嗚呼、青春の日々よの歌詞をしっかり聴くのはほぼ初だったのですが、この歳で聴くと沁みる物があって、朝からじーんと来てました。
「こんば、あっ間違えた!おはようございます!ゆずでーす!!!」
と間違えること2回。笑。悠仁さん可愛かったなぁ。
じーんと沁みていたのにそんな可愛らしい間違い&少年が流れ出して、騒がずにはいられず。
♪回ってるぅ!で毎回くるっと回るんだけど、すぐに歌わなければなので必死なところも可愛らしかったです。
そこからの虹。思わず空を見上げてしまいたくなるくらい気持ちよく伸びる2人の歌声が最高でした。
ラストの栄光の架け橋のときもだったけど、「知っている人は歌ってみて!」という掛け声に会場が一体になったとき、「上手いじゃ〜〜ん!」「知ってるじゃ〜〜ん!」「本当に(ゆずのライブ)初めて??」という一つひとつの反応がとても面白く無邪気さを感じました。←ゆずのライブ初めての人ーという質問に、想像以上に初めてが多かったようでこの反応。笑
途中のY U Z U の振りも楽しかったし、一緒に踊ったタッタもこれでもかってくらい大騒ぎして。
やっぱり一緒に作って一体感あるライブが最高だなぁと思った最高のスタートでした。
夏色の前に暑いからもう終わりだ!って激しくキレているのに(茶番のような笑)すぐに夏色が始まるあたりも笑ったなぁ。
リズムがどんどん早くなったり、終わりかと思ったらまた始まったり。いつか夏色で騒ぎたいと思っていたので、ぴょんぴょん飛び跳ねることが出来て本当に楽しかったなー!
ゆずの2人はロッキン20周年を何度も何度もお祝いしていて、ロッキンとの縁の深さも感じたし、何より端から端まで走ったり飛び跳ねたりする悠仁さんに、それを微笑ましく見守る岩沢さん。2人ともとっても楽しそうでした◎



休憩挟んで既にイオンウォーター2本目。さて今年は何リットル消費するでしょうか。(去年は2リットル)

続いてはゴールデンボンバー。
エアバンドのライブってどんな感じなんだろうと興味本位で観てみた金爆さん。
最初の挨拶で、喜矢武さんがウォシュレットがどうのこうのだの、ダルビッシュさんがヤバTのコピーバンドやるだの言ってるから、何のことだろうと思っていたら。
ステージ上に本当にウォシュレット出てきて火花が飛び出てお尻に当たっていたり。
ヤバTのコピーバンドと言いながらヤバイTバック屋さんとしてダルビッシュさんと人形2人が釣られてTバックで出てきたり。笑
ひたすらお腹抱えて笑ってました。これが金爆のライブなのか!と思った瞬間。
あと鬼龍院さんが物凄く低姿勢で、「これから頭振りますけどこれが私たちのライブなので無理して振らないでくださいね。」と。
初めて頭をブンブン振っている姿を見て、これがヘッドバンキングか!と感動すら覚えたり。
色々衝撃でした金爆。
ダルビッシュさんと歌広場さんの割れた美しい身体は素晴らしくてそこばかり見ているときも。笑
歌広場さんは、ああの方が松潤を愛してやまない方なのか!とヲタク目線で観たりもしてました。笑


既に3本目。(しかも900ml!)イオンウォーター買うだけで長蛇の列だった!



友だちと合流して去年行けなかったハングリーフィールドでおひるごはん!
どこも並んでるかと思いきや意外と空いててラッキー!
だけど食べたい時に買わないと後悔するのがフェスなので、一先ずコーンコロッケとチーズコロッケと、本日2杯目のレモンサワーで乾杯!
そして梅干しが乗ったさっぱりの唐揚げ丼をいただきました?
暑い時はお肉に限る!ハンバーガーも肉巻きおにぎりみたいなものも美味しそうだったなぁ。
そして飲みたかったチーズティは飲み忘れました。笑

エネルギーチャージして向かうは本日のわたくし的目玉!
sumika!!!
ピアノがメインの曲だったり、アレンジの仕方が素敵だなと思って気になっていたsumika。
そしてボーカルの片岡くんがかっこいい。色々わかってくるとギターの黒田くんも鍵盤弾いてる小川くんもドラムの荒井さんもかっこいい。
かっこいいというかなんかとってもほんわか可愛らしい印象。
可愛いポップな曲が多いのかなと思っていたら結構男らしいがっつりロックな曲も多くて。
知れば知るほどライブ行ってみたい気持ちが強くなり。今回念願のsumikaでございます。
グラスステージにたどり着いた時にはもう人が沢山で。ああ大人気なんだなぁと感じました。
本編の前にリハとして、2曲もやってくれて。それだけで楽しそうな感じが伝わって。
リハなのに盛り上げるしニッコニコだし。終わったら終わったで「あとちょっとだけ待っててね〜〜!」と片岡くん。
な ん て 可 愛 い ん だ ………!!!
ドキドキしながら待っていた本編のスタートはなんとフィクションから!
うわあああテンション上がる!
最初のピアノの音聴くだけで上がる!!
わたしがsumikaに注目し始めたきっかけの曲は正にフィクションだったので、なんというかもう初っ端から聞けて涙が出そうでした。
歌詞の ♪さあ今日も始めましょうか
ってところを歌う片岡くんはなんだかとても気持ちを込めている気がしてぐっと来ましたよ。 サビになるに連れてどんどんテンション上がっていくのもわかったし、さいこー!!!とたっぷり叫ぶくらい楽しさが伝わってきた。
そこからのふっかつのじゅもん。
「暑くて元気ないんじゃないですかー?でも僕たちは元気になる呪文を知ってるよねー??」←ニュアンス。
この導入の時の求めてる表情たまんなかった。フィクションのときとは曲調が違うからだろうけど一気に男っぽくなった感じ。
テンポよくてノリノリで盛り上がったなぁ。
Flowerも聴きたかった曲なのでギターが鳴った瞬間わぁって嬉しくなりました。
ちょっとチャイナっぽいところが好きで、ノリノリにギターを弾く黒田くんかっこよかったなぁ。
この曲に限らず、どの曲でもギター弾きながらぴょんぴょん跳んだり全身使って演奏したり。
片岡くんも端から端まで走ったり飛び跳ねたり可愛い表情したかと思えば、急に男らしい表情してみたり。
小川くんも鍵盤引かなきゃなのにマイリッチサマーブルースだったかな、左手でぐるぐるタオル回していたり。
ドラムの荒井さんも笑顔で全身で叩いていて。みんながみんなこのステージを全力で楽しんでいる感が強く伝わってきました。
だから初めてでもあんなに楽しくて騒げたんだろうなぁ。
ラストの「伝言歌」にはただならぬ想いが詰まっているんだなということが伝わってきて。
ただこのステージを楽しむだけでなく、ロッキンというフェスが大好きだということ。
初めては一回だけだから、と言っていたように初めての、夢であったグラスステージをとことん楽しむこと。
片岡くんの、sumikaの強い気持ちが言葉からも、曲からもたっぷり伝わってきました。
本当に本当に参加出来て良かった。楽しいがぎゅうぎゅうに詰まったsumikaライブでした。
そういえば隣で観ていたおねーさん達が、片岡くんの細かな表情の変化や発言に対して
「可愛いんだよなぁもう。」とか
「全部観ていたい。目が足りない!!」
と言っていて、思わず、その気持ちわかります!!とヲタクっぷりが出そうになりました。笑



ちゃっかり購入したタオル。(ほんとうは水色がよかった売り切れ。)

続いては間に合えば観たいと思っていたOfficial髭男dismへ。
sumika終わってすぐ、しかも別ステージだったので、これは間に合わないなと思っていたのですが。
間に合わない以前に、パークステージには溢れんばかりの人人人!入場規制がかかる程!
髭男は観たいという気持ちが友だちと重なったので、一緒にと思っていたのに待ち合わせすらできず。
しかもsumikaでだいぶ燃焼したので若干ぐったり気味なわたくし。
それでも一発目に間に合って、ノーダウトが聴けました!
鍵盤を巧みに使いながらあの高音が出るところが素晴らしい。
色々な楽器を使って音を出しているところも好きだし、曲調の変化とかもかっこいいなぁって。
勉強不足で、115万キロのフィルムは初めて聴いたのですが、とっても良かった!!
切なくてしっとり系なのに聞き応えたっぷりでとっても良かった!!
Stand By Youはそこに居る人達みんなで盛り上がったという印象。レスポンスの響きがすごかったもんなぁ。 本当に溢れんばかりの人で、大人気さを感じたので、来年ロッキンに出るならば絶対グラスステージだと思う。



続いてはKICK THE CAN CREW!
まさかこの3人が揃う姿をこの目で見ることができる日が来るなんて!
揃ってステージに居る姿を見るだけで感動でした。3人いるよ〜〜って。
お揃いの衣装も素敵だったなぁ。
MCUさんが来年47歳ってことにはどよめきと笑いが起きたし、暑いね大丈夫なんて散々言われてきただろうから俺らは言わないよ等(さすがです笑)曲の合間のやりとりも楽しかったなー!
イツナロウバとかsayonara sayonara、アンバラスにマルシェ。
高校生の時のわたしががっつり聴いていた曲がたっぷりで、一気にあの頃に戻った感じ。わたしの青春のひとつ。
あの頃のわたしにKICK THE CAN CREW観たんだよって言ったら驚くんだろうなぁ。
初めて聴いた住所もとても素敵だったし、ラップじゃなく歌うKREVAさんも素敵だった!
前後しちゃうかもだけどなかなか成功しない難しい曲(たぶんSummerSpot)はひたすらラップの連続で、聴いているこちらが鳥肌立つほど。
やっぱりC&Rは楽しいなぁ。



そしてラストはセカオワ!
ここでやっと友だちと一緒になります。笑 長い長い1日だったのに共にライブ観るのがセカオワ1組という。笑
そんな自由なことができたのも彼女だからこそ!
初めてのセカオワのスタートはスターライトパレード。
曲が流れ出したらその場がすぐセカオワワールドになるというこの世界観の凄さ。
優しい曲調なのに、どこか目の奥に強いものを秘めているような表情のFukaseさん。
それはスターライトパレードの時だけじゃなく、曲が変わるたびに表情や歌い方の表現がガラッと変わって。
時々怖さすら感じることもあった。
それくらい表現力が豊かだった。
でも時々見せる少年のようなニコッとした表情に安心して。いいねぇ、とか、叫ぶ言葉には愛がこもってる感じがして。
自分たちの世界観を作る天才なんだなって思いました。
初めて聴く曲で印象的だったのはYOKOHAMA bluesと銀河街の悪夢。
こんなにしっとりで切ない曲があったの!っていう意外性と、銀河街の悪夢は聴いていてほろりと涙が出そうになりました。
そしてサオリちゃんが美しくて可愛いくて!激しくピアノを奏でるところもかっこよくて、あんな風に表現豊かにスラスラと弾けたら楽しいだろうなぁと思いました。
一番聴きたかった思い出いっぱいのRPGを最後に持ってきてくれたのも嬉しかったなー!
合唱のようにグラスステージ全体で歌えたのも、みんな揃っていたし感動的だったし、アンコール前携帯のライトをみんなで照らすのも美しかったなぁ。



楽しすぎて思い出たっぷりできたロッキン。
魅力たっぷりのアーティストを知ることができました。
また行けたらいいなー!!!
/ 17:02 / LIVE / comments(0) / - /
ARASHI Anniversary Tour 5×20 in Sapporo

JUGEMテーマ:


 

行ってきました札幌ドーーーーーム!!!!!(2年ぶり!)

春の札幌なんて初めて!こんなに心地よく、いや、むしろ暑いくらい。

何より軽装で行けたこと、寒くないことが素晴らしかった!

「札幌って暑いんだね。」って何度うちのリーダーと言ったことか。笑

前回は大雪だったからこそそう感じたのでしょう。

 

写真はこんなに買うつもりなかったミニうちわ。

並べなおすと"THANKS"になると知ってしまったら買うしかない。←ヲタクなのでね。しかも20周年のお祭りですからね。財布の紐はゆっるゆるですよ!

せっかく購入したので、今後もこうやって使っていきます。6枚、荷物になるけど。

これを撮っているときもんのすごい強風で、風がびゅおんびゅおん止まらなくて!

うちわが飛んで行ってしまうのかわたし達が飛んで行ってしまうのか…そんな状態で撮った写真。笑

 

そして、今回札幌行きの電車の中で気付いた事実。

 

ペ ン ラ イ ト 忘 れ た …!!!!!

 

はい、わたくしやってしまいました。

せっかく購入してあったペンライトをうっかりすっかり自宅に忘れました…

これが東京だったら取りに帰ったかもしれないけれど、ここ北海道…

ペンライトないとまるで置いてけぼり…そんなの耐えられない…というわけで

 

どーん。

2500円でお買い上げ。どどーん。

まさかの出費。でもないと盛り上がりに欠ける。

ああ、何故忘れたのだろうか…おバカすぎるけどネタになりそうなので、これは言い続けます。笑

 

お休みが発表されてから、個人的には初めてのコンサート。

きっとアホみたいに泣くんだろうなぁと思ってました。えむってであんなに泣いたんだもの。

本物目の前にしたら止まらなくなるだろうって。

しかし、それが笑ってる方が多くて。自分でもびっくりするくらい。

最後の方ね、ウルウルすることはあったのですが、悲しさよりも楽しさの方が完全勝利だった。

もうずーっと笑ってニヤニヤしてたもの。通常営業より多いかも。

それはきっと、オープニングからずーっと嵐5人が楽しそうだったから。

ツアーも中盤くらいになるといつも何かしらどこかでちまちまふざけたり遊び出す彼らもたっぷりだったし、あ、いつもの、いつも以上に楽しんでる嵐だってすぐ感じることができた。

悲しさがなくなったわけではないけれど、きっと心のどこかであるのかもしれないけれど。お休みに入ることをどれだけ大きなこととして捉えていて、わたし達に自分達の声を伝えていきたいのか。改めて、彼らの本気を感じましたし、楽しそうな姿とたくさんの言葉を聞いていたら、あ、大丈夫かもって思えた自分がいました。案外早く帰ってきてくれるのかな?なんて。

 

そのあたりも含めて、個人的な記録を残します。

頭の中に残っている記憶を書き出しているので、もやもやっと曖昧な部分が多々あるかもしれません。あまり期待はせずに….

なんてったってコンサート後はがっつり飲んでから覚え書き始めましたから…(楽しすぎて飲みすぎた

ここ数年、コンサートの記録書いてないのですが、ちゃんと記録は手元にあるので、諸々上げていこうと思ってます。(一番新しくて名古屋公演。これはもう書きあがっている。)

あくまでも、自己満足の記録なので、って楽しみにしている人なんていないか。笑

づらづら書いてます、読みたい方は続きからどうぞ。(セットリストは名古屋の方に載せます、近々。←いつだよ^^;

続きを読む >>
/ 21:35 / LIVE / comments(0) / - /
みんなと出会って血を燃やす
楽しみと、不安な気持ちと。
観たらどんな気持ちになるんだろうと思っていた今日のえむって。(※Mステです)
会見から数日経って、落ち着いたと思ってた。大丈夫と思ってた。
けれど、それは思ってただけで。
嵐観ながらこんなにも声出してわんわん泣いたのは、恐らく初めて。
こんなにも涙出るのかってくらい、泣いてた。何なら今でもぐずぐずしてる。
過去映像が流れ出したあたりから、まずいかもと思っていたけれど。君のうたがね。もう、君のうたですよ。
歌詞が今の嵐や、わたしが欲しい言葉とドンピシャというか。嵐自身もそんな風に思っているのではないかというように思えて。そう思うと、年末の紅白で何故君のうたにしたのかも、なんとなくわかるような気がして。君のうたに込められている気持ちって大きいのかもしれない。
観ながら色々感じていたら涙止まらなくて、しかも声に出して泣いてるし、嵐は涙で滲んでるし色々感情ごちゃごちゃで。
嵐お得意のしんみりからぶち上げの流れも、いつもならえええ!?って思いながらも付いていけるのに、今日は全然ダメだった。C&Rできなかったもの。それより涙が止まらなくて…
あの場にいたら応援必須だろうし、感謝で騒がないのもおかしいから、今日に関してはあの場にいなくてよかったと思いました。感謝カンゲキでこんなに泣く日が来るなんて。アニバーサリーとはまた違った涙。
涙ずるずるしている中でも、求めていた言葉を言ってくれて更に涙。
同じ夢を見ていきましょう、の後のいつものLet’s get the party started!! が出てきたのは本当に嬉しくてまた泣いた。
欲しい時に欲しい言葉をくれる。あーやっぱり愛だよねぇ、という言葉や、相思相愛だったり、そんな言葉がふと出てきました。

いっぱい泣いて、やっと理解できてきた気がする。
今まで涙が出なかったのは、頭ではわかってても気持ちはついていかなかったのかな。
大好きな嵐の、大好きなパフォーマンスで涙が止まらないんだもの。わたしにとっての嵐の根っこは、やっぱりコンサートや歌って踊る嵐なんだろうな。

いつもえむっては友人宅で観て盛り上がるんだけど、今日は一人で正解だった。
ああでもみんなの前だったら平気で泣いてたかもな。
/ 22:30 / - / comments(0) / - /
丸二日経って
やっと、やっと落ち着きつつあります。
落ち着いているというか冷静に考えられるようになったというか。
事実を現実として受け入れて走り出すにはまだまだ時間がかかりそうですが…

事実を知ってすぐは動揺ばかりで上手く言葉もまとまらなくて。メッセージは読めても動画はすぐには見れなかった。涙が止まらなくなりそうだったから。
時間が経って動画観たけれど、何故か不思議と涙は出てこなくて。悔しさ、寂しさ、悲しみ、色んな感情が溢れ出しそうなのに何故か冷静だった。というか、気持ちが溢れすぎてパンクしてぼーっとしていたのかな。放心状態、みたいな。うん、本当しばらくぼーっとしてた。

でも、その日のうちに会見してくれて。(やるなんて知らなかった。たまたまテレビつけたら始まった感じ。)
その日のうちに想いの丈を本人達の言葉で聞けたこと。受け入れるまでには時間がかかるだろうからと、まずはファンに向けて知らせてくれたこと。そこは本当に大きかった。
メディアから知らされるわけでもなく、何の思い入れもない人から事実を聞くわけでもなく、本人達から。それってなかなか難しいことではないのか。
だけど、彼らはちゃんと自分達の言葉で、まとまった言葉をしっかり話してくれた。それがなかったら、あの日のうちになかったらこんなに回復してません、きっと。

昨日の翔くんの言葉もそう。
今まで沢山の言葉や出来事に助けられてきたけれど、こんなにも救われる言葉の数々があっただろうか。
5人で長い時間かけて、何度も何度も話し合って。全員が同じ着地点になるように。どうすればわたし達がゆっくりでも受け入れられるのかも含め。
語っている言葉が全てなんだなって強く感じた。
もしかしたらこういう発表って、紙一枚で伝えておしまいってことも、あるのかもしれない。
でも彼らはきちんと場を整えて、自分達の言葉で伝えてくれた。悲しくなりそうな会見なのに、なんだか笑ってしまう場も多くて。ああ、この空気感が保たれているなら、と安心した部分もある。変わらぬ姿を改めて見せてくれた感じ。
5人がしっかり円陣組んで、尚且つ4人がさとしくんをしっかり守ろうという、言葉にはないけれどそんな雰囲気も伝わってきた。やっぱり、嵐は5人で嵐なんだなって。
わたし達ファンが言い続けてきた5人だからこそというのが、ここまで彼らにも、というかわたし達以上に強い想いがあったということは本当に大きなことです。

考えると寂しさ悲しさはあるけれど、繰り返しちゃうけどやっぱり受け入れるのには時間がかかると思うけれど。
彼らの言葉をしっかり受け止められたので。翔くんの「復活はあります」を信じようと思います。
この2年があっという間に過ぎないように。わたし自身も日々を大切に。


今回第一報をくれたのはうちの相方。
滅多に電話してこないのに電話が鳴って。出てみたら速報が、と。
電話していても言葉がうまく出て来なくて、落胆の声ばかり。
だけど、一番落ちる瞬間を相方と共に感じられたのは大きかったなぁ。同じ時間を共に過ごしてきたからこそ、言わなくてもわかるといいますか。きっと一人で知ってたら、更に落ちていたことでしょう。
たまたま嵐好きな友だちとその日の夜焼肉の約束していたのも大きい。
たまたまとは言え色々知ってくれているし、一緒に居れたからこそ冷静に話せたところもある。しかも焼肉だったのでいつも以上に食べてました。笑 こんな時でも食欲が落ちないってところがわたしらしい。
第一報が入ってから友だちや現場のみなさんが次々に連絡くれたり、現場に行ったら何か言われるのかなって不安だったりもしたんだけど、何も言わずに肩をポンとしてくれたり、会見がすごく嵐らしかったという言葉だったり、生きててよかった等…
ここまでみんなが知っていることに驚きだったし、気にかけてくれたことが本当に、本当にありがたかったです。ありがとうございます。わたしの周りは本当に暖かい。

なかなか登場しなくなったブログではありますが、ごかけるにじゅうのことも書きたいし(下書きはできてるんです)時間をかけて気持ちをまとめる場はやっぱりここだなぁと。
少しずつ書いていきます!
/ 16:39 / - / comments(0) / - /
ROCK IN JAPAN FES. 2018


行ってきましたロッキン!
生まれて初めてのロッキンジャパン。
久しぶりの夏のライブ。全身筋肉痛で身体が悲鳴を上げていますが、この感動をどうしても記録に残したくて登場です。

目的はm-flo!LISAねーさんが復帰すると知って興奮していた今年のはじめ。
ロッキンに出演すると聞いて絶対行きたい、3人揃っている姿をこの目で見たいと思っていた願いが叶いました。
登場前、意外とまだ人が集まっていなくて、ぐんぐん前の方に行ってみたらなんとど真ん中の10列目くらいまで来てしまった!
その時はひとりだったので図々しいかなと心配になったけれど、ここで引き下がったらきっと後悔すると思いそのまま良きポジションを保ちます。

いよいよバーバルさんとタクさんが登場!!それだけでウルウルするわたくし。今まで観た中で1番近い距離感!そしてあのコール&レスポンスにまた触れられるなんて(T-T)
一発目がgET oN!で上げて上げて上げていくのもさすがだなと思いました(T-T)
そしたらまさかのloves曲、しかも好きな曲ばかりのブチ上げ楽曲たっぷりでもうもうテンションは上がりっぱなし。さすがですよ聴きたい曲わかってるよ〜〜(T-T)
左右分かれてコール&レスポンスするのとか、全員座ってからのジャンプとかもうたまらんです!!
かなり盛り上がってからのタイミングでLISAねーさんが出てきた時にはもう涙腺崩壊。ああ待ってたよおかえりLISAねーさん(T-T)同じステージでまたこの3人が歌う姿観れただけでもう最高なのに、ここで初期の歌やってくれるとか本当によくわかってらっしゃる!!!
How You Like Me Now?とかHandsとか、他にもいっぱい歌ってくれたんだけどあータイトルが!
とにかくね、m-floを好きになったあの頃から聴いていた曲をこんなに近くで、生で聴ける日が来るなんて、、大感動でした(T-T)
限られた時間の中でこれだけの選曲をしてくれたことにも感謝。思い出がぶわっと蘇ってきたし、わたしの大好きなm-floは変わらずそこにいました。
バーバルさんとLISAねーさんとのやりとり、歌の時も話してる時もとっても楽しかったなぁ。時々タクさんに送る視線とか楽しそうなタクさんも素敵でした。
ひたすら騒いで叫んで飛んで盛り上がって。一体感たっぷりのライブは最高ですたまらんです!!
やっぱりバーバルさんはしょうさんの師匠なんだなぁと、m-floを観てしみじみ。
盛り上げ方も、楽しみ方も、ああこの感じこの感じって思うことが多くて。
なんていうんだろう、ホーム感を感じたというか。それはただ単にわたし自身が バーバルさんの盛り上げ方が好きなのが大きいのかもしれないけれど。
しょうくんはこの方を観て学んだことも沢山あったんだろうなぁと。
わたしがm-floにここまで触れるようになったきっかけはしょうさんなのです。
うん、本当に今回思い切って行くことが出来て良かった!最高でした!大好きです!!!


他にもモンパチや175R、クリープハイプにUVERworld、10-Feetを観ました!(全て初見。こうやって書くとよくこんなに観れたなぁ。)
モンパチや175は学生の頃にすごく流行っていて、聞けばそれぞれ20周年とのこと。この2組の曲を聴いていても、あの頃がぶわっと蘇ってきました。
モンパチは粒マスタードさんのダンスが可愛くて面白かったなぁ。小さな恋のうたの大合唱も楽しかったし、175はハッピーライフからの空に唄えばで本当青春でしたねぇ。
UVERworldは音の響きがバンド!って感じがしてかっこよかった!見れば見るほど惹きつけられるというか、メッセージ性があるなぁって。
そして一番びっくりしたのが10- Feet。
イメージと違ったのもそうだし(どんなイメージだったのよ)激しさにびっくり!
歌い方の幅が広いんだなぁっていうのもそう。激しく叫ぶ曲から、優しい声で歌うものまで。ギャップですね、惹かれるやつ。
そして合間のMCが面白い!下ネタ言ったかと思えば、ライブを良いものにしていきたい、みんなと楽しみたいという思いがすごく強い人達なんだなと。熱いな、と。
時間がギリギリの中で、「終わる頃には声が枯れてると思う!」とか「ここからはチキンレースです!やれるだけやります!!」と最後の最後まで演奏してくれたり。
それに答えるようにファンが始めるモッシュやタオル投げが激しい激しい!!
あまりのぶつかり合いのすごさに、叫んでしまったヲタクです。笑 ジャニーズにはない世界。笑
それでも「倒れてる奴がいたら助けてやれよ〜〜」って声かけ優しい。やっぱりギャップ!笑
最後まで楽しませてもらいました!


あのブラスト宮城のようにサバイバルを想定していたけれど、意外とすんなり往復できた今回のロッキン。帰りなんて2時間くらいで新宿着でした。有り難い!
たしかに暑さはあったけれど、東京のような苦しい暑さではなく、風も吹いて心地よかったです◎
また来年も行けたらいいなぁ。やっぱり夏のライブは最高ですね!!!





この頃は他のSNSばかりになってしまっていますが、ちゃんと元気に日々を暮らしています。
年々大変になる仕事には本当に考えさせられることが多いけれど。
今は、とりあえず今年度は前を向いてがんばろうかな。
嵐もいよいよ20周年。そりゃあわたしも歳取るわけです。周りもみーんな環境変わるわけです。
根強くこれでもかってくらい好きでしがみついてきたので、20周年みんなでお祝いしたい必ず。
コンサート会議のアンケートもどうなることやら!?
シングルよりもシングル以外の好きな曲が多過ぎて選べなさそうでしたが、結果直感で選んだら、ああわたしはやっぱりしょうさんが好きなんだなという結果になりました。笑
20周年を記に、嵐で繋がって仲良くしていただいたお友だちとも再会したいです!
少しずつこちらも書きに来なければ!やっぱり書き出すと落ち着きますね。
/ 23:05 / LIVE / comments(2) / - /
初詣。
ああああーーーー!!!
明日から仕事だなんてっ!
今年はお休み短すぎるのよっ(T_T)!
しかも明日は早番だなんてーーー!!!←自分で組んだ。
現実に戻るのが早すぎてなんだかなぁです。
もう少しゆっくりしていたいですが、そうもしていたら現実に戻れなくなるので。
仕事初めして参ります。
始まったら止まれないだろうからなぁ。
上手に息抜きしながら予測してがんばらねば。
やるしかないのです!!
、、、と言い聞かせております。




今日は鎌倉は鶴岡八幡宮へ初詣。
久しぶりに会った彼は色々変わってて色々驚いてしまって色々言ってしまいました…
いかんね、わたしの良くないところ。
ちょっとのことで拗ねたりするのも良くないところ。
楽しかったの、勿論楽しかったのですよ。
ごはんも美味しかったし食べ歩きもできたし、人混みたっぷりで疲れもあったけれど、一緒に出掛けるってことが楽しいのです。
それなのにすぐにぴーちくぱーちく言ってしまう。いかんね(T_T)
自分の気持ちを伝える、ぶつけるばかりではいけないなぁ。
何よりわたしの場合、拗ねないことですね。←もういい大人。
せっかく引いたおみくじ、大吉だったのでね!
大吉を活かせるように。
神さまにたっぷりお願いしてきたんだから、お願いするだけではなくわたしも努力しなければいけないね。

一緒に過ごすって、楽しいだけではなく、我慢したり想うことも大切なんだなと改めて。



今年もしっかり翔運守りと強運摑み矢!
守ってもらえるだけがんばらなければいけないね!
仕事初め、がんばります!!!
/ 22:00 / アタシ / comments(0) / - /
ありがとう実家ライフ。
らっちゃちゃーらっちゃっちゃっ
らっちゃちゃーらっちゃっちゃっ♪♪♪

実家から東京に戻り中。
iPodから流れる曲はじゃぽねすく。
ここ最近無条件でテンションが上がる曲のひとつでございます。
もう何回リピートしているんだろう。
早く映像化してくれないかなぁ。
の前に、わたくしは戻ったら宮城を観なければいけません。
あー、宮城泣いちゃいそうだなぁ。楽しすぎたもんなぁ。

というわけであっっっっと言う間の実家ライフ。
本日まででございます。
実家に居てもなーんもすることないしー
寝るか食べてるかだしー
呼ばれたら飲みに行っちゃうしー
と思い例年通りあまり長居はしないのですが。
今年はいつも以上におうちでうだうだだらだらすることが多くて。
朝から夕食まで家族と一緒にすることも多くて。
ふと、ああこうやって揃ってごはん食べるのもそんなに多くないのかな、なんて思ったり。
あ、そんなこと言いつつまだまだありそうだけど。笑
ただでさえ一緒に食事すること少なくなってるので、こういう時間こそ大事にしなくてはいけないなと、改めて感じた2016年2日目。
みそねぇになると色々見方感じ方変わったりするもんですねー。

お話変わりまして。
昨日のしやがれ!
何にびっくりってしょうさん×ミランダ・カー!
しょうさんの流暢な英語には思わずうっとりしてしまったよ。やっぱり好きだなぁと。
ミランダ・カーのことを今までしっかり見たことがなかったのですが、お顔小さくてかわいいし、考え方もしっかりしてるし、見た目だけじゃなくて中身も美しいのですね!!
お洋服に対する考えや食事のこと、ああ根本がしっかりしてるから見た目にも反映されるんだなと。
こういうところを見習わなければならないなと。
しょうさんとのやりとりを見ていてしみじみ。
発言も全てかわいらしかったし、人気の理由がわかります。
しょうさんと一緒に並んでツーショットも違和感なくて素敵だったなあ!
なんだろうあの素敵なカップル!!見惚れちゃう!!
しょうさんよりお顔小さいなんて本当にうらやまです。

さとしくんの匠のやつも楽しかったし、春からのラブコメも楽しみー*
あんな発表の仕方があるんですね。笑


さあお休みも明日がラスト。
動いて明後日に備えねば!始まったらもう止まれないもんなぁ。
久しぶりにゆっくり休めたし、やるしかないですね!
でも今夜は観れたら宮城観ます。笑
/ 21:30 / / comments(0) / - /
あけました2016。
あけましておめでとうございます。

2015年中に2015年のことを振り返りご挨拶、なんて思っていたのですが。
大晦日は紅白に久しぶりのカウコン中継にと、家族の中で1人大はしゃぎしておりました為、振り返りも出来ず。←いい大人がね。悲しきかな落選したのでね。笑
(´-`).。oO(しかし今年のカウコンは本当に豪華だったな!伝説の黄金時代復活って感じで、正にジャニーズは世界を救う!って感じ。にやにや。)
(´-`).。oO(みんなビジュアル素晴らしかったし、コラボも満足いくものばかり!!さとしの華麗なダンスにやっと実現潤くんと一緒にモノマネは爆笑だった!!)

迎えてしまいました2016!
年末感もお正月感もあまり感じていなかったのですが、こうやって実家に帰ってきたり、世間がめでたいムードってことでやっと実感が湧いております。
楽しすぎてしあわせで溢れていた2015年、終わってしまったのですねー。

2015年は大きく変化のある年となりました。
お友達との仲が深まったのは勿論のこと、大好きな人と一緒に過ごすことが多くなったり。
お仕事も、まだあの子達と卒園式してから1年経ってないんだなぁと。
一人担任を二年続けてきたのも去年の話。なんだか遠い昔のようです。
大きな変化や、大きな経験があった2015年。
挑戦と思い通い始めた教習所。まだまだ継続中ではあるけれど。←折れに折れながらも通っております。
改めて、人の大切さを強く感じ、たくさんの気持ちを知り、想う年でした。
私にとってすごくすごく大きな出来事がたくさんだったので、この気持ちを忘れずにこのまま2016年も過ごしていきたいなと。
現状維持よりも少し上を目指していこうと。
そんな風に思っております、2016年。

日々に追われて上手く時間が使いこなせなかったので、今年はそんなことのないように。
今日やるべきことは今日のうちに。
早寝早起き。
余裕を持って生活を。

振り返りが出来ていませんが2015年のツアー、こちらもお友達に助けていただいて札幌に行くことができました( ; ; )しかも2回も( ; ; )
原点回帰のJaponism。
和の美しさがたっぷり詰まっていて素晴らしかったなぁ。

今をどう生きる

これは未だに胸に刺さってる。

和装で踊るじゃぽねすく、鷲掴みにしたインザルーム。
未だに脳内再生できます。笑
またゆっくり記録書いていけたらいいな。

宮城もお友達のお陰で2日入ることができて。
わたくし名義が5年ぶりに大活躍してくれた忘れられない公演。
しあわせいっぱいの楽しい時間でした*


2016年。
笑顔いっぱい楽しさいっぱい。
前を向いて怪我なく事故なく。
元気に過ごしていきます。
変わらずヲタクでいますよー!
前厄なんかに負けないぞー!笑

新たな一年も、どうぞよろしくお願いいたします*
/ 20:37 / アタシ / comments(0) / - /
ARASHI BLAST in Miyagi 0920
/ 23:55 / LIVE / comments(0) / - /
ARASHI BLAST in Miyagi 2015.09.19


iPhoneImage.png

行ってきました、東北!宮城は仙台!
久しぶりの仙台、そして久しぶりにの野外コンサートにテンションMAX俺MAXでございます!!

あまりにも楽しみすぎて、新幹線内で食べるお弁当まで作りましたわたくし。←珍しい。
念願のはやぶさにも乗れたし、しかもこまちとの連結まで見れた☆!
ってこんな風に書いてると物凄く新幹線が大好きな子みたいになっていますが…笑
この仕事してるとうちの子達の影響力っていうのは物凄いものでして。
はやぶさとこまちが連結するという事実を教えてくれたのもうちの子達。連休明けみんなにお話したいと思います。笑

話がずれずれずれた。
コンサートのことを。
仙台でのコンサートは8年ぶりとのこと。
私たちがコンサートで訪れたのはOneのときだから…
10年前ですね。笑 歳も取るわけです。

iPhoneImage.png

初めてのひとめぼれスタジアム。
グランディはとにかく遠いよ!山だよ!って当時聞いていたのを思い出しました。
向かうシャトルバスで爆睡していたわたくし。
目覚めた瞬間目に入ってきたのは山!!!
ああ、本当にみどりがいっぱいだ、と。
どうやらディ◯ニーランド2個分の広さのようですね!
そりゃあ歩きますわ…←入場にかなりの時間を要した人達。
会場内はかなり広くて、復興応援市場もかなりの賑わいっぷり!
もう、コンサートというより大きなお祭りのような。
そうか、Big Partyだもんね。
嵐もここまでできるようになったんだなぁと、しみじみ。

ここからはコンサートの記録を。
わたくしの記憶を起こして書いています。あくまでも記録なので、ニュアンス違いやすこーんと抜けてるところが多々あるかと思いますがお許しください。
ネタバレ含みます。後ほど続きリンクにいたします!

続きを読む >>
/ 23:59 / LIVE / comments(0) / - /
1/225PAGES >>