嵐大好きまりのきまぐれうだうだうだ日記。

I STILL LOVE WITH YOU !
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< 9月ですね。 / main / ARASHI BLAST in Miyagi 0920 >>
ARASHI BLAST in Miyagi 2015.09.19


iPhoneImage.png

行ってきました、東北!宮城は仙台!
久しぶりの仙台、そして久しぶりにの野外コンサートにテンションMAX俺MAXでございます!!

あまりにも楽しみすぎて、新幹線内で食べるお弁当まで作りましたわたくし。←珍しい。
念願のはやぶさにも乗れたし、しかもこまちとの連結まで見れた☆!
ってこんな風に書いてると物凄く新幹線が大好きな子みたいになっていますが…笑
この仕事してるとうちの子達の影響力っていうのは物凄いものでして。
はやぶさとこまちが連結するという事実を教えてくれたのもうちの子達。連休明けみんなにお話したいと思います。笑

話がずれずれずれた。
コンサートのことを。
仙台でのコンサートは8年ぶりとのこと。
私たちがコンサートで訪れたのはOneのときだから…
10年前ですね。笑 歳も取るわけです。

iPhoneImage.png

初めてのひとめぼれスタジアム。
グランディはとにかく遠いよ!山だよ!って当時聞いていたのを思い出しました。
向かうシャトルバスで爆睡していたわたくし。
目覚めた瞬間目に入ってきたのは山!!!
ああ、本当にみどりがいっぱいだ、と。
どうやらディ◯ニーランド2個分の広さのようですね!
そりゃあ歩きますわ…←入場にかなりの時間を要した人達。
会場内はかなり広くて、復興応援市場もかなりの賑わいっぷり!
もう、コンサートというより大きなお祭りのような。
そうか、Big Partyだもんね。
嵐もここまでできるようになったんだなぁと、しみじみ。

ここからはコンサートの記録を。
わたくしの記憶を起こして書いています。あくまでも記録なので、ニュアンス違いやすこーんと抜けてるところが多々あるかと思いますがお許しください。
ネタバレ含みます。後ほど続きリンクにいたします!

 
会場に入って1番に思ったのは、やっぱり野外は気持ちいいなぁということ。
青空の下で思いきり楽しむことができる。わたしが好きな空間のひとつ。

アリーナの造りは*マークのような感じ。
ステージ上に大きなモニターがあって、モニターの上に嵐の山部分マークが。
風の部分をモニターとしているのかな。

中央ステの上。
空に浮かぶは銀色のスライムのような形をした嵐くん。
といっても山だけあって下は銀色スライム。
あれなんだろうねー?何故スライム?とずっと疑問だったのが、後ほど解明されます。

オープニング
ARASHI BLAST in Miyagi の文字と体つきの嵐くん(体があるって非常にシュール!笑)の映像と共にスタート。
さとしくん→あいばちゃん→翔さん→にの→潤くん の順に、それぞれの趣味や特技をしている映像が。
さとしくんは釣り、あいばちゃんはお米持ってたかな。
翔さんはラップのリリックを書いていて。ずんだ、と。笑
にのは車のゲームしていると自分が車に乗ってるというもの。
潤くんは…気付いたら大きい潤くんになっていたよ。笑

一通り映像終わって、どこから出てくるの???とどきどきして待っていたら………なんと上!
嵐マークの山部分の上!とにかく上!
ひええええ飛んじゃうの??飛んじゃうの??しょさん大丈夫??
なんて心配していたら流れてきたのはワイハ。
あーあーあーあー♪ までは上にいたのに、歌い始めの直前になると*マークの5本の花道の先に5人がそれぞれどかんと特攻と共に登場!!!
ええそれは本当にどどんと!どっかんと!←伝わりづらい。。
え!さっきまで上にいたのに何故もう花道先のステージに??
どういうからくりなのーーー!!!
という疑問たっぷりでしたがそれ以上に嵐が出てきちゃったらそちらにいくわけで。笑
近くにいた誰かを←誰だよ。見ては騒いでおりました。笑

01.ワイルドアットハート

という上記のくだりがあったため誰がどうしたとかあまり記憶になく…
あれだけ完璧にしたフリもすこーんと抜けて。笑
衣装はキラキラ青と白のスパンコールを使ったジャケット。まるで富士山のようだった。笑
インナーは山っこと潤くんが赤。これもキラキラスパンコール。
にのあいが黄色のキラキラスパンコールでした。

02.PIKA☆NCHI

このタイミングでピカンチキター!!!
ハワイぶるれいで久々にフルで踊っていたから、これ生で久々に見れたらいいなと思っていたのです( ; ; )
あの時と変わらないゴリゴリバッキバキな振り付けがもうもうかっこよくて。
既にうるうるしていたのはわたくし。

03.Happiness

うんどうかいだーーー!なんて盛り上がっていたら。←毎年使用。
真ん中にぴったりとくっつく5人。
上に飾られていた銀色スライムが降りてきて(何か出てきたような)、サビと同時に嵐5人を乗せてふわっと飛んだのです!!
突然の出来事に会場全体が、おおおお!とどよめいて。キャー!よりもどよめきの方が大きかったなぁ。
本当に綺麗にふわっと浮かび上がって、スタンドの上の方まで行って。
あれはスタンドの人凄く近いだろうなーと。
そしてしょうくん内心ドキドキしてないかなぁと。笑

04.Troublemaker

05.Love rainbow

そのまま飛び続ける嵐。
バクステの左右にも行ってたかな。
結構動きが大きくてびっくり。
こっちにもおいでよー!って叫んだのは言うまでもありません。笑

06.青空の下、キミのとなり

メインステでダンスあり。
噴水のように水がぶわぁって出てきて綺麗だったなぁ。

ごあいさつ

珍しくあいばさんからのスタート。

( ‘◇‘ ) 「Yeah! Yeah! あらしが宮城に帰ってきたぞ!あらしが宮城に帰ってきたぞ!
俺ら5人で5万2千人しあわせにしてやるよ!(キラーン)
その調子で最後までよろしくぅ!(ウィンク)」

笑?なんかいつもと違う?
あいばちゃんが5万2千人って言ってる…?
と思ってる暇もなくしょうさん。

( `・3・´ ) 「いらっしゃいませ〜!!いらっしゃいませ〜!!
あらしが来たぞ!あらしが来たぞ!!足んねぇよ!もっと声ちょうだい!!
おけーその調子で最後までよろしく!(キラーン)」

しょうさんがいらっしゃいませ、しょうさんがいらっしゃいませ。笑
これはもしかしてもしかして……
間髪入れずに出てきたのがにのちゃん。

( °.ω° ) 「ねぇねぇ足んないって!足んないって!!」
この時点でにのあいすぎて(*???)
あいばさん仕様なのか、いつも以上にニコニコしていてぴょんぴょん走って登場して。可愛さ抜群だった…!

残るは2人。さとしくんのところはこのお方。潤くん。
挨拶の前に喉の調子を確かめます。笑

ノノ`∀´ル 「はぁーい? はぁーい? (一呼吸置いて) はーぁーい???
久しぶりー!じゃあ、いつものいっちゃう? 宮城祭り、『でいっ!』」
ノノ`∀´ル 「よろしぐ〜」←鼻にかかったような声で小さく手を振る潤くん。
これがなんだかさとしくんに似ていて!もう笑いが止まらなかったよ!
みんなそれぞれ特徴掴んでて面白すぎて涙が出てきたよ!笑

ラストはさとしくん。
注目ポイントはしょうさんがすらすらと言っている、英語の発音です。笑

( ´・∀・` ) 「宮城、調子はどうだーー!
上の方調子はどうだーーー!下の方調子はどうだーーー!
こっちは準備できてるぞ!」←なんとなくさとしくんが入るあたりが可愛い*
( ´・∀・` ) 「Say! ARASHI! Say! ARASHI!
おーけーその調子で最後まで盛り上がっていこうぜ!
ARASHI BLAST in Miyagi レッツ ゲット パーティ スターティーーーーン !!!!!」
このときの滑らかな発音と必死そうな表情がたまらないし忘れられない。
言い終わった後のしょうさんの真似をしたドヤ顔もたまらない。笑

しょっぱなからサプライズ続きだったからもう笑いが止まらなくて。
今までにないスペシャルなごあいさつ。
宮城祭りだからこそ!ですね*

嵐マークの嵐5人の映像

07.じゃなくて

あいばさんのソロ、Friendshipあたり持ってくるのかなーと勝手に予想していたからこのセレクトは凄く意外だった!
メインステ正面にして右側の花道から登場。
今回あいばさんの衣装がもうドツボで。
胸のボタンが少し多めに開いたシャツにダメージジーンズ。
スタイルの良いあいばさんにぴったりの衣装!両手上げて踊るとちょこっとお腹がチラリとするのが少しエロい。
赤いバラの花束抱えて踊る姿とかかっこいいを通り越してなんかエロい。
もちろんいい意味でのセクシーさ、エロさで。
かっこいいの中にたっぷりと含まれていて。
ダンスも前に国立で見たときのものとは違ってタップが含まれて凄くセクシーだし、踊り方もなんだかエロいし。一体何回エロいって言えば気が済むんだ私は。笑
あれだ、エロかっこいいだ!
脚の長さとか、スタイルとか、あいばさんの良いところをふんだんに使っているソロだなぁと。
すっごくすっごくかっこよくて、見惚れてしまったよ。穴が開くくらい見ていたと思います。

08.20825日の曲

最初に流れるお母様のお手紙が印象的。
息子を想う母ってこんな感じなんだなぁと、しみじみ。
そしてお母様、字が綺麗だったなぁ。
ソロはメインステにてギターを弾きながら。
ギターの紐に嵐くんマークがあったよ。
衣装もストライプのベストが可愛かった*
心地よく歌ってる、なんて思っていたらなんと!歌詞を間違えてしまった二宮氏。
思わずんふふふふ、と笑いつつも歌い続けるにのちゃん。
ソロが終わって、ギターを鳴らしながら。
「盛り上がってんのか…? 盛り上がってねーから間違えたんだろうがー!」
って逆ギレ!人のせい!!笑
「もっともっと盛り上がれーーー!!!」
ってところでお隣に潤くん登場。ニヤニヤしながらにのを指差しております。
その間、バックミュージックが変わり、

09.Oh Yeah!

本当この間違いからの人のせいからの末っ子経由おーいえーが面白くてよく笑った!
潤くんの「とーべぇぇぇぇえ!!!」が気持ち良いくらいに響いて入ってきてずっと飛んでましたよ。
一緒にフリが出来るってやっぱり楽しいね!
それぞれ花道に向かって走っていきましたが、誰が近くに来たのか記憶が…苦笑。

10.言葉よりも大切なもの

いつもの「あるからーーー!」が出来るしあわせ。
ブチ上げソングが続いて騒げるっていうのも嬉しい。しょうさんの安定のラップもたまらん。

11.ZERO‐G

このタイミングで来たか!とびっくり。中央ステでがっつり。
もう一回しっかり見たいと思っていた曲だったから、あの腰フリ含むダンスが見れて嬉しかったなぁ。
2番の最初、しょうさんのソロの部分もすき。動きがすき。
ここぞとばかりに双眼鏡覗いて見てましたからね。この温度差は自分でも笑っちゃう。
改めて本当にかっこよかったー!

映像 宮城県の高校生と合唱するにあたってのもの。

12.感謝カンゲキ雨嵐

あのときどんな気持ちだったのか。どんな想いで歌うのか。
実際に経験しないとわからない気持ち。
あの頃はもっともっと小さかっただろうに、怖くてたまらなかっただろうに。
今こうやって生きて、楽しむことができているのがどれだけ幸せなことか。
彼らの話を聞いていて痛いくらい伝わってきました。
感謝カンゲキ雨嵐の合唱、素晴らしかったです。
高校生一人ひとりが舞台から去るまで、拍手が止まらなかった。

合唱の始まりの指揮と途中のリズムが変わるところの指揮が、しょうさんで。
真剣な表情でリズムを刻んで前を向いているのですが、合図するところでふっと高校生の方を向いて。ふわっと指揮をする。
高校生達とのコンタクトがきちんととれているんだなと。
あの真剣な表情が本当に素敵で、見惚れてしまいました。

ミニMC!?

高校生との合唱が終わって一段落。
A「緊張したねー!」しょうさん爆笑。
N「お前がかよ!!!」←さすが鋭いツッコミ。
あいばさん曰く、高校生の気持ちが伝わってきて溢れそうだったとのこと。
でも本当に素晴らしかったよね、と合唱の話で盛り上がります。

宮城スタジアムでサッカーを見た、おはなし。
O「サッカー見たよね?ここで。」
A「日韓ワールドカップのときね!」
M「3人で?(AOS)」 うん、と頷く3人。
S「どの辺で見たっけ?」
A「俺あんまり覚えてないや。」
O「あの辺の…(バクステを指差す)1列目とかだったと思う。」
S「すごいね!よく覚えてるね!」 …と盛り上がっていると…
M「あのー、その話楽屋でよくね?笑」 
S「(そうかごめんごめん、という表情をしながら何かに気付き)!皆さんお座りになっていただいて…」
N「まだMCじゃないですよ。笑」←これもまた素早いツッコミ。笑
S「!!!(やっちまったー!という表情)」 ←これがまた可愛くて。
リハーサルの時に、ここはMCじゃないですみたいな遊びをしていたら、↑こうなったらしい。笑
進行を間違えたしょうさんは本当に悔しそうな表情をしておりました。
そしてさとしくんがすごく良く喋っていた印象!率先して話していたもんなぁ。
M「じゃあもうちょっとやろうかー!」

ということで。

13.Love so sweet

さとしくん×潤くん、にのあいしょうさんと分かれてトロッコへ。
相変わらずさとしくんと潤くんが前半いちゃついてるのが可愛くて!
見つめ合って手繋いでたかな?だんだん、俺ら何やってるんだろって2人して笑ってた。かわゆ。
にのあいしょうさんはそれぞれお手振りしたり、ぴょんぴょん跳ねていたり。

14.Bitter sweet

引き続きトロッコ。ここも最初の方でさとしくんとじゅんくんがいちゃつく。
ラストのサビはメインステで踊ってくれて。
これも踊っているのが観たかったので嬉しかったなー*

MC

ここで本当のMCです。
しょうさんのいつものごあいさつからスタート。
S「ひとめぼれスタジアム宮城にお越しの皆さま。改めまして僕達が!嵐です!」←前半MCと勘違い間違いしちゃったからか、ちょっと笑ってる。

仙台に来るのは2007年のTime以来8年ぶり。
久しぶりだね、やっと来れたね、という嬉しい声の中、高校生との合唱の話に。
A「本当に良かったよね、感動したし、緊張した。」←やっぱり。笑
同じように、お前が緊張するのかよ!の総ツッコミがある中。
O「高校生、緊張してるじゃん。大丈夫だよ、とか、楽しもうね、とか声掛けるじゃん、普通は。」 うんうん。
O「でもそんな中、高校生に、『すっげぇ緊張するよ。』って言ってたヤツがいるの。それ誰だと思う?」
ということで即興クイズ。
S「我々嵐の中で、高校生に対して『すっげぇ緊張するよ』って言ったメンバーがいます。言ったと思うメンバーに拍手してください。」
S「あいばくんだと思う人ー?」 拍手ちらほら。
A「これなんか複雑だね。笑」
S「ワタクシ櫻井だと思う人ー?」 拍手微妙。
S「リアクションしづらいな、これ。笑 じゃあ大野さんだと思う人ー?」 拍手ほぼなし。
S「ってそっか、大野さんが言ってるんだもんね。」 ←この日終始こういうの多かった!
S「じゃあ二宮くんだと思う人ー?」 会場のほぼ全部が拍手。あまりの多さにニヤつくにの。笑
S「笑 松本くんだと思う人ー?」 拍手あまりなし。
S「正解は!?」 O「二宮くんです!」 会場爆笑。
N「絶対緊張するじゃん。だから、『緊張するからね』ってすっごい声掛けたの。でも、それ以上に高校生緊張してて、聴く耳持たずに歩いて行くの。笑」
5万2千人の前で歌うなんて初めてだろうからね、それどころじゃないよね。 とまとまり。

さとしくんデザインの衣装、のおはなし。

高校生との合唱時に着ていた白地に絵柄が入ったスーツの衣装。
なんとさとしくんがデザインしたとのこと!
M「この衣装、わかる人いるかな、、、(カメラがずずーんと寄る、、、)」 
!!!
わあああああ!と一瞬にして沸く会場。
M「今回うちのリーダーが個展を開くってことで、衣装のデザインも、先生にお願いしちゃいました。」
先生、と呼ばれて照れるのか、ニコッとする表情がたまらなく可愛い。

↑の衣装の話は最初の方にしてたかな…
前後するかもしれません(T_T)

突然あいばクイズ。笑

高校生に「緊張するからね。」を言ったのは誰でしょうクイズが終わった後、突然発言したのはあいばさん。
A「ねぇねぇ、じゃあ今度俺がクイズ出していーい?」 ←どんだけ無邪気なんだ。可愛すぎる。
S「!(びっくり顔) 君はいつも唐突ね。笑 どうぞ、あっ俺着替えてくるわ。」
N「じゃあおーれも!」 ←この自然な流れがあらしらしくていい*

残されたさとしくん、潤くんであいばクイズに。笑
A「じゃあいくよ、伊達政宗さんの、血液型はなんでしょう!」
M「ちょ、それ高校生と何も関係ないじゃん!笑」
え?ダメ?な表情がまた可愛くて!潤くんも潤くんで、「いや、別にいいけどさ。。笑」と許しちゃうあたりが優しい。
A、B、O、ABと血液型を聞いていって、そうだろうなと思うものに拍手をする会場。
そんな中でも、「これ意味あるのかなぁ〜」と潤くん。
A「正解は…B型!」 へぇ〜〜〜〜、な会場。笑
さとしくんも潤くんも笑っている中、止まらないのがあいばさん。
A「じゃあじゃあ次いっていい!?」 ←まだあるの!?、と潤くんはじめみんなが思ったことでしょう。笑
A「伊達政宗さんの、身長は何センチでしょう!」 何故こんなに伊達さんを推すのだろうか…笑
O「それはわかんないよ〜」 M「当時の人だから結構小さめだよね?」 ←なんだかんだ真面目に応える2人が優しい。
A「あのね、リーダーより小さいよ。」
O「…?俺結構ちいさいよ?」 ←このときの傾きながら言う表情が可愛くてですね!!!※翔担です。
A「正解は、159センチ!」 おおお〜 と、あいばクイズ意外とやるじゃんってところでしょうさん登場。
交替でさとしくん潤くんあいばさんが着替えに行きますが、にのちゃんがまだ戻って来ない様子。
着替えに行っちゃっていい?ひとりで大丈夫?的なニュアンスで声を掛けられると。
S「大丈夫。俺は今、このひとりの空間を楽しみたい。笑」

ということで少しだけしょうさんオンステージ。笑

S「嵐になって16年。ラップやってます、櫻井翔です。どうぞよろしく。(キラーン)」 笑いと叫びとが混ざる会場。笑

この後行う曲で一緒に踊るものがあると。
そのフリを今から教えるので、一緒にやりましょう、というもの。
にのちゃんも帰ってきて、進行はしょうさん、踊るはにのちゃん。

まず、1,2,3,4,5,6,7,8 のリズムが何呼間で行われるのかをしょうさんが刻みます。
が。
だんだんわからなくなってしまったようで、「あれ?あれ??」となるしょうさん。
その度に「先生、ゆっくりいきましょう。」とにのちゃん。
言葉で説明するしょうさんに合わせてゆっくりと踊るにのちゃん。
が、言葉の説明と動きが噛みあわず、またまたあれ?となるしょうさん。すかさず、
N「先生、こうです。笑」と。
と言いつつもにのちゃんもフリを間違えたりして、さすが初回だなと思った瞬間でした。
ふたりしてわたわたしてて可愛かったし、しょうさんのこういう姿見るの久しぶり!
そういえば「厳しい中にも優しさがあるって定評がある。」みたいなことも言ってたな。笑
会場とのフリが揃ってくると、「すごい!さすが早いね!」と褒め上手な先生達。
着替えが終わった潤くんも合流してにのちゃんの横で踊ります。うん、かわいい。

そのままの流れで宮城×嵐祭りメドレー

15.ハダシの未来 盆踊りバージョン

踊りのフリが最初に両手を下に伸ばしてパー、その後上に向けてグー、とやるのですが、ハダシのサビになって、あ!ここでおんなじフリになるのか!とやっと気付きました。笑
あの一瞬の練習でここまで揃って、綺麗だったなぁ。

16.Carnival night 雀踊りバージョン

宮城大学の子雀さん(字、あってるかな、、?)と一緒に扇子を持ってダイナミックに踊ります。
サビのフリはいつものかーにばるを少し取り入れていて。扇子もあるから和が入った粋な感じになっている。
子雀さん達との息もぴったりで、嵐を先頭にぶわああああって扇子が広がっていく様はすごく綺麗だったなぁ。おおおってどよめきが起きたくらい。
そんな中で「それそれーい!!」って盛り上がる5人が本当に楽しそうで。
しょうさんのいつもの盛り上がり方が見れて嬉しかったなぁ。
あまりにも楽しそうで綺麗で見惚れていたら、かーにばるの振り付けを忘れかけたよ。笑

17.GUTS!

5人それぞれが花道先のクレーンに乗り、ぐんぐん上がる上がる!
クレーンからは物凄い量の水が出てて、綺麗だったなぁ。
一番近かったのは潤くん。
最初のサビではフリをやるかどうか迷ったらしく、バクステにいたにのかな?をちらっと見ていて。
他のメンバーがやっていたからか、すぐに踊り始めてました♪

18.ファイトソング

曲が流れ出すとぶわーーーっと走り出すメンバーが印象的。
この曲が聴こえると無条件で騒ぎたくなるのも、嵐ファンだからこそですね。

19.Come back to me

おお。潤くんのソロはこれできたか。どこから出てくるのー!と思っていたら。
まさかの!
飛んできたーーーーー!!!!!
フライングで飛んでいる中、ぐるんぐるんと何回も前回転をしたり。かと思えば後方にも回ったり。
ふわふわぐわんと飛んだ先がたくさんあって、2階スタンド客席間近に行ったかと思えば、1階バクステのお客さんが触れるぎりぎりまで行って。ハイタッチもしてたのかな。
とにかくあの動きの中あの近さにはびっくり。
かと思いきやアリーナのお客さんにもギリギリまで近付いていて。やばいやばいを思い出したよ、うん。
スタジアムでどこまで近くに行くか、もひとつのねらいだったのかな。
衣装も上下ギラギラスパンコールで、どこまでも潤くんらしかった!

20.Hip Hop Boogie chapter

しょうさんのソロはこれが聴きたかった…!ので、「道なき道を歩いてく、、、」が聴こえてきた瞬間叫んだよ、嬉しすぎたよ。
全身使って盛り上げる姿、全編ラップ攻め、ほんとうに大好きな曲のひとつ。
相変わらずの”このメンツ”映像も素晴らしい仕上がりで笑ったよ。特に大宮。笑
よくよく聴いていくと、歌詞が最初に聴いたものとは違くて。
歌詞の全てまでは覚えきれてないのですが、確実にあの頃よりも先、今よりも先を目指しているような。
そして私たちへの気持ちも綴られていて、もうもうそんなメッセージ聞いちゃったら、、、涙です。
やることが粋だよ、しょうさん。かっこいいなぁ、もう。
衣装も好きなタイプのものだった!珍しく!←
歌詞はできたら今度既存のものと照らし合わせてみようっと。

21.two

しょうさんで落ち着いていないのにそのままさとしくん。
もうこの流れは心臓によろしくないのでやめていただきたいです。 ←
近くの花道から登場したからずーっと双眼鏡で観てました。
やっぱりさとしくんの動きはすごくなめらかで。指先から足先まで全部。
特に足ばかり見てしまう。あの機敏な動きはさとしくんだからこそ。
♪ 震えるほど〜 の長さにこちらが震えました。
最後のサビ、メインステの階段を踊りながら上がっていくのですが、躊躇うことなく軽いステップで上がっていくからさすがだな、と。

アクセントダンス

さとしくんはそのまま残って、4人が後から並んで登場。
金と黒の衣装で踊ります。
少しずつ5人がずれながら踊るところ、上手く言葉で表せないのがくやしいのですが。
嵐は細かい動きをささっとこなしてしまうところが変わらず凄いところだなと。
あっという間に大きく変化しているんだもの。
少しずつエンドレスゲームの曲調になって、、、

22.Endless Game

ここのしょうさんの右手でぐいっと引っ張られる仕草がもうもう表情から引っ張り具合から全てがかっこよくてですね。
叫ぶのを忘れるくらいだった。素敵だった。

主題歌メドレー

23.Bilieve
24.Monster
25.Your eyes
26. One Love
27. Breathless

それぞれ主演したメンバーがメインとなり、歌うのはワンフレーズだけ。
ワンフレーズだけなのにどれもアレンジが効いてて、後で大きく印象に残る。
どんどん中央ステの方に向かって、

28.Sakura

中央のステージが上がる中、周りには水と火が一緒に出てきていて。激しいのに綺麗。
火と水なのにどちらも消えることはなくて。
そんな中で激しく踊る彼らは表情が真剣でじっくりと観るのが精一杯でした。

29.PIKA☆☆NCHI DOUBLE

これはやはり翔さんの高音ラップがすきです。

30.迷宮ラブソング

♪僕が君のその手を強く〜引くよ〜 の、引くよ〜 になると翔さんアップになるモニター。
しょうさんもしっかり引いていて、なんだかそのやりとりが面白かった。笑

31.サクラ咲ケ

再び銀色スライム嵐くんに乗る5人。
すると潤くんから始めたのかな?しょうさんラップの直前でぐわんぐわんと揺らし始め。笑
S「っうわ!危ない危ない!!」と、途中までラップができないしょうさんの素をみました。笑
揺らすのは次のA・RA・SHIも続いており、しょうさんは大変そうだったけれど、4人はとっても楽しそうで。笑

32.A・RA・SHI


ごあいさつ

5人それぞれご挨拶は印象的だったのですが、一番ぐっときたのがしょうさんで。
ニュアンスでしか覚えていないのが悔しいのですが…しかも2日目と混ざっているかもしれない…

全国各地、世界中からここ宮城に集まってくれて、本当にありがとうございます。
8年ぶりに来ることができた。招いてくださった宮城県の皆さんに感謝します。
いつの頃からか、僕らが様々な地を訪れることによって、少しでもその地が元気になってくれればいいなと思っていた。
こうやってコンサートを開催することで、少しでも地元の皆さんが元気になってくれれば。
2011年のあの日から4年、もうあんな悲しい想いはしてほしくないから。
少なくとも、嵐5人と、ここに居る5万2千人は味方ということを、忘れないでほしい。

想いを、自分の言葉でしっかりと伝えてくれる。
嵐が宮城でコンサートをやることの意味を、改めてこの言葉で実感したように思います。
ここに居る人達だけじゃない、みんなおんなじ想いだから、一緒にがんばっていこう。
大きな大きな想いが込められたコンサート。
じーんと来るものがありました。

にのの、県知事さんに感謝しなきゃね、の一言も、その通りだなと。
招待がなかったらできなかったコンサートだもの。
改めて、たくさんの人の想いや力が詰まったコンサートだということを感じます。
楽しいだけじゃなく、大きな力を残すんだね。

33.果てない空

全てのライトが消され、ついているのは嵐がいる中央ステの少しのライトだけ。
客席は真っ暗で、ふと空を見上げると、綺麗な三日月とお星様が。
ああ、これのために真っ暗なんだなと。あまりにも夜空がキレイで、歌う嵐の声をバックミュージックにずーっと見つめているところでした。
同じ空の下、繋がっているから、という潤くんの言葉が響きました。


―――


アンコール

映像

正装を身につけている5人が少しずつ、部分的に映し出されて。
まるで結婚式の衣装を身にまとっているような、、、と思ったらジャケットにおっきな花がどどんとついててびっくり。笑
5人が一列になって、こちらの声に耳を傾けます。
サイレントで、「え?なに?きこえないよ?」←字幕つき。笑
あーらーし!あーらーし!を待っている様子。
声が大きくなってくると映像が終わって、鐘の音と共にメインステから登場!

34.愛を叫べ

衣装はものすごかったけれど。笑
相変わらずの可愛い振り付けにテンションが上がる!
フリ完璧じゃなかったけれど、なんとなくニュアンスで踊ってみたらたのしくできました*

35.エナジーソング 〜絶好調超!〜

まさかのここでブチ上げキター!!!
O「じゃあいっちゃうー???お手を拝借!よぉぉぉぉお〜!」 の掛け声でスタート!
メインステ付近を中心に走りまわってひたすら暴れまくるからもう楽しくて仕方がなかった!!

36.ユメニカケル

ラストはしっとりと。
これで最後です、って言われると寂しくなっちゃうけれど、前向きソングだからそこまで寂しさはなく。
メインステで5人並んで、いつもの「俺らの名前はなんだっけ?」『あらしーーーーー!!!!!』
を。


たくさん笑って、泣いて、騒いで。
ウルッと感動するところもあり。
今わたしが観たいものがぎゅっと詰まっていて。
宮城だからこそできたであろう演出もいっぱい。
嵐の想いも痛いくらい伝わってきたよ。
最高に楽しい時間でした、ありがとう。

/ 23:59 / LIVE / comments(0) / - /
スポンサーサイト
/ 23:59 / - / - / - /
COMMENT